早稲田大学公認登山サークル 岳文会

新入生の方へ
QandA

Q:他大生でも入会できますか?

Q:山登りって危険じゃないんですか?

Q:お金がかかりそう…

Q:登山・アウトドアというと
  男子ばかりのイメージがあるんですが…

Q:体力に自信がないんですが…

Q:イベントの参加は強制なんですか?

Q:入会費、部費はあるんですか?

Q:他サークルと掛け持ちできますか?

サイトマップ
イベントカレンダー
Q&A

みなさんが抱える疑問や不安…Q&Aコーナーで解消しよう!

質問コーナー写真1


「岳文会に興味はあるけど、ちょっと不安…」
そんな新入生の方もいらっしゃることと思います。

部室や新歓期間に出されるブース、サークル説明会などで詳しく説明する機会はありますが、
みなさんが抱きがちな疑問をピックアップしてみました☆

←の質問の気になる項目をクリック!
岳文会について少しでも知っていただけると嬉しいです♪

Q:他大生でも入会できますか?

A:はい、入会できます。


岳文会には他大の学生も在籍しています。
みな企画や運営に参加しており、他大生だから溶け込めないといった事はありません。
ただし、早慶戦の様に早稲田ならではの企画に参加することもありますし、
企画日程は早稲田大学の予定を優先して調整します。

Q:山登りって危険じゃないんですか?

A:危険でないとは言い切れません。


しかし、岳文会では
・天候、体調等を考慮した慎重な計画
・上級生のフォロー
・積雪期の山行は行わない
など、初心者でも安心してもらえるように努めています。
事実、部員の殆どが初めは初心者ですし、女性も数多く所属しています。
「山=危険!」というイメージがあると思いますが岳文会では安全を第一に考えた活動計画になっています。

Q:お金がかかりそう…

A:参加頻度によります。


岳文会は大学公認の学生の会ということもあり、学校から部費がおりていますし、 OBの方からの援助も頂いています。
そのお陰で、テントは調理器具などの団体装備は全て揃っています。
また、個人装備も最低限のものをひとつずつ揃えていくことで、負担を減らしています。
一度の山行にかかる費用は基本的に、交通費、食事代のみです。
山以外の合宿(スキー・幹部交代合宿など)はもちろんお金はかかりますが、
旅行会社と交渉したりしてできる限り安くしようと努力しています。

Q:登山・アウトドアというと男子ばかりのイメージがあるんですが…

A:岳文会は会員の3分の1を女性が占めています。


上記、特に安全面の理由から、女性も入りやすいサークルになっています。
事実、現在女性は数多く所属していますし、皆山登りやキャンプをはじめとしたイベントにも 参加しています。
ですから、山登りの時はペース配分も皆が楽しみながら登れるようなペースで歩いています。

Q:体力に自信がないんですが…

A:その心配はありません。


頼りになる先輩がばっちりサポートします。
岳文会には高校までに運動系の部活動に所属していなかった人が多く在籍しています。
まだ、岳文会では普段トレーニング等も行っていないため、 体力に自信のある人間は多くありません。
ただ、山歩きは体力そのものより経験で疲労を減らすことができますし、
いきなり山歩きをせずに、段階を踏んで少しづつ慣らしていくので安心です。

Q:イベントの参加は強制なんですか?

A:いいえ、殆どは強制ではありません。


企画するからには参加して欲しいのは当然ですが、基本的には自由参加です。
ただし、夏合宿、幹部交代合宿、春合宿の「三大合宿」は、全員参加が義務付けられています。
また、ハイク及び山行は登山未経験者が夏合宿で北アルプス縦走ができるだけの経験が積めるように
予定を組んでいるので、特に初心者の方は可能な限り参加をお願いします。

Q:入会費、部費はあるんですか?

A:いいえ、ありません。


50年以上の歴史を持つ岳文会は、多くのOBの方々からの援助を頂いています。
また、先ほど述べた通り大学から多額の部費も頂いておりますので、入会費・部費は必要ありません。
その分、活動の安全性には気を遣っています。

Q:他サークルと掛け持ちできますか?

A:はい、大丈夫です。


現にかけもちをしている人も大勢いて、皆頑張っています。
ただし、先程も述べた通り「三大合宿」に関してはこちらを優先して頂くようお願いします。

早稲田大学 岳文会 Since1960