早稲田大学公認登山サークル 岳文会

2013年度活動記録
冬スキー

【名称】
冬スキー
【日程】
2013/12/23-26(3泊4日)
【目的地】
斑尾(まだらお)スキー場
アネックスアブラヤ
【天候】
曇り,雪,晴れ
【参加者】
50名(男子37名、女子13名)
【目的】
冬山に登らないため、代わりにスキー・スノボで親睦を深める。
【行程】
12/23
24:00
戸山公園集合
24:30
戸山公園出発
12/24
7:00
アネックスアブラヤ到着
8:30
斑尾スキー場にてスキー開始
16:30
スキー終了
18:00
夕食
20:00
宴会開始【ゲーム大会、プレゼント交換】
12/25
7:45
朝食
8:30
斑尾スキー場にてスキー開始
16:30
スキー終了
18:00
夕食
20:00
宴会開始【M-1】
12/26
7:45
朝食
8:30
斑尾スキー場にてスキー開始
14:30
スキー終了
16:00
アネックスアブラヤ出発
21:00
早稲田大学学生会館到着

<

冬スキーのフォトギャラは麗しの一女から始まりまーす。なんて美しいのだろう。

じゃん!!よしっ滑るぞー!
ゲレンデには人が少なかったため、のびのび使えましたね~
空の青、雪の白、カラフルなウェア、そして二人の笑顔。この上なく上等な一枚。

そして・・・・・B作っっっ!!!山雑誌の撮影ですかこれは(笑)ばっちり決まりすぎです^^

お昼ご飯は宿に戻ってカレーをいただきました。おかわりも自由でモリモリ食べましたよ!

こちらはスノボー軍団。みんなで声掛け合いながら練習練習!!!

クリスマスイヴの夜はご馳走でした~★★
チキンやケーキも出てきて山奥だろうが何だろうがクリスマス気分を味わえた岳文メンバー。
その美味しさに二男も渾身のガッツポーズ。

食事後のみんなでワイワイの時間には企画者の粋な計らいにより、いつもとは一味違ったゲームが登場。
そのうちの一つがこちらの「うまい棒早食い競争」。
頑張って口に入れてもうまい棒に水分吸収され過ぎて、咀嚼及び呑み込みが大変難しいとの事案が発生。飲み物片手に戦いました(笑)

続いてのゲームは「シンクロジェスチャーゲーム」
お題から連想されるポーズをして、そのポーズがメンバーと一致すれば高得点を狙えるというこのゲーム。
このチームのお題は「バレーボール」^^

そこそこ上手くいくとこんな感じ(笑)
お題は「相撲」

ばっちりシンクロすると・・・・おおおおお。いい青年たちが一斉にチンパンジーに!!(笑)
ちなみにこの男班、合間には各々爆睡してたり各々ポツンと座り込んでいたのに、いざゲームが始まると他の追随を許さない完璧なチームプレーを魅せ、 総合優勝を勝ち取っていきました^^wwww

プレゼント交換でみんなのパパはサンタコスチュームをゲット。
普段からその硬派さに定評がある彼ですから、こんな(格好をしてくれてかつ笑顔な)姿なかなか見られませんよ・・・!すかさず私はシャッターを切りました(笑)

あらっ\(◎o◎)/!埋められちゃったのね・・・。でも大丈夫!!
最終的にはピン登場ということでおいしい感じになってるからね★

なんとまたきたこれベストショットぉぉぉぉぉ!!!(ゲレンデリフト部門)
四女さんの優しい笑顔と四男さんのかっこいい横顔はこの冬スキーを満喫されている証拠と捉えてもよろしいでしょうか・・・(*^_^*)

うんうん!両手広げたくなるほど、雄大な景色かつ良い天気だったよね。

平らな道も所々あったからこうやって歩いた方が早い時もあったね~^^
こうやってスノボで楽しそうにポーズを決めてくれる彼ですが、彼の専門はスキーです!!!(本気)

ゲレンデランチもとても美味しかったですね。冷えて疲れた体には最高でしたっっっ!!
ケーキやコーヒーまでいただけて大満足^^元気チャージです!

名物:豚汁ラーメン

いただき・・・・・

ましたっ!!!!!\(^o^)/

あまりの天気の良さに先輩たちもこの表情!!!
楽しそうにしている先輩たちを見るとなんか嬉しいですよね^^ナイス構図です。

写真撮りたいですーと言ったところ、コース中盤でみんなが止まってくれていたっっっ(^O^)
いい写真は時にみんなの協力からうまれるのだと実感。

そしてクリスマス当日の夜はM-1
どれも面白くレベルの高いものばかり・・・!!!その中でも見事優勝したのはこの二人。本当に芸人さんを見ているようでした。

一女サンタたちからハートのプレゼントをいただきました^^
何よりのプレゼントです。

天気にも恵まれたせいかベストショットが多いこの冬スキー・・・
広報の独断ですがベストオブベストショットを決定させていただきました。
その① 最高の笑顔with妙高山
後ろに写るのはプレ1山行で登った妙高山です。山を見ること登ること、両者には違った魅力がありますよね。

その② 四男さんの渾身の自撮り
ピントは本人に合っていますが(笑)、後ろのみんなの表情もとても良いと思いました!
楽しい時間はあっという間ですね。

その③ ただの青春ショット
あ~あ、こりゃコメントしなくてもね・・・。
今回のフォトギャラはゲレンデマジックな二人でおしまい^^

>

早稲田大学 岳文会 Since1960