早稲田大学公認登山サークル 岳文会

2013年度活動記録
大王ハイキング

【名称】
大王ハイキング
【日程】
2013/5/18~19
【目的地】
扇山、倉岳山
【天候】
晴れ
【参加者】
53名(男子41名、女子12名)
【目的】
軽登山を通して、登山に親しむ。
【行程】
一日目
12:50
早稲田大学学生会館集合
※3限隊は14:45集合
 4限隊は16:30集合
13:20
早稲田大学学生会館出発
13:39
地下鉄東西線早稲田駅発
15:02
JR中央線梁川駅到着
15:30
柱川テント場到着
17:00
夕食作り開始
20:00
完全就寝
二日目
4:30
起床
5:30
各班出発
12:00
下山
梁川駅・鳥沢駅集合
藤野やまなみ温泉へ
17:00
藤野やまなみ温泉出発
19:00
早稲田大学学生会館到着
解散

<

俺がどんな優雅な週末を過ごしたか知りたいだって??
………………いいだろう。
お前らの日常がいかに平凡であるかを知ることになるが覚悟はできているか?

はいっ!!ということでスピー・ド・リーバー君でしたぁ~
THE GREAT KING HIKING 始まるよぉ♪

「テン場はよっう!!!」
梁川駅からの長い長いコンクリ………
割と疲れました。。。。

毛虫地獄を経て、ようやくたどり着いたテント場
一年生にとって初のテント泊!!!
ウキウキが止まりませんね!!!

二女にテントの張り方を教えてもらう一女…
この真剣なまなざしがたまりません。

その横でテントの張り方忘れた三女はひたすらシャッターをおしておりました。

ここの見どころは何と言ってもハンモック!!!
人っていつでも童心にかえれるのですね

王様も非常に楽しそうでよかったです。

まだ5時だけどご飯の準備です!!
どうして女子ってご飯のこと考えるだけでこうも笑顔になれるのでしょうか

―あるある女テントーク♪―
三女「ねぇねぇ惨男でだれが一番かっこいいと思う??」
一女「えぇ~…………〇〇さん…………。」
一同「あぁ~~………でもあの人は〇〇〇〇〇〇〇〇〇だから〇〇〇方がいいよ」

きっと男テンも同じかんじなんでしょうw

はい。激動の夜が明けました!!
山の朝は早いですよぉ~~しっかり準備体操しましょうね

☆前幹事長お目覚めワード☆

「姉さんごめん」

いったい夜に何があったのでしょうね?

あくびしてる人もいれば見よこの躍動感!!!
二女はまだまだピチピチだね♪
三女だってまだまだイケるかんな♪

後ろを振り返れば疲れを知らない一男の笑顔!!!
元気がでます!!

つつじもシーズンで、かわいらしい一女がより映えます♪

倉岳班は早くも頂上到着!!

哀愁漂う一男の背中…
素適なショットです。

なんで山に登るの??

かわいい山ガールに会うために登るの?

みんな大好き頂上軽食タイム!!!
思うにフルーツ缶を黙って差し出す男はイケメンである。

あっという間に下山時間!!
また温泉で会おうねぇ~ばいば~い!!

はいっそこ!!!!!
気持ちいのもわかるけどちゃっちゃと準備しなさい!!

山道も終わりいよいよラスボスコンクリートロード
この後永遠に続くコンクリ攻めに彼らは耐えられるのか?
その笑顔が絶えるのは時間の問題である。

でも目の前にマウント富士を眺めながらのビューコースは最高でした!!
残すは温泉のみ!!

温泉に来る意義
・体を清らかにする
・腹を満たす
・ビール

熱い熱いアイスじゃんけん!!!
11人も参加するとなれば皆顔がガチw
ここで負けたら破産確定☆
だれが負けたかって??そりゃこの中で一番顔がマジな人ですww

そうか!!そんなに楽しかったか!!!
一男のこんなに素敵な笑顔を見れるなんて上級生はそれだけで幸せです♪

雨予報をひっくりかえしての大晴天山行!!!
一年生にとっては、マイ装備で山に登ったりテント泊したりととても新鮮な企画でしね!!

今回のベストショット

『富士とまさる』

>

早稲田大学 岳文会 Since1960