早稲田大学公認登山サークル 岳文会

コラムバックナンバー
2017年度コラム
<

『はじめまして、岳文会です』


ちらほらとほころび始めた桜の蕾を合図に、いよいよ新しい季節が始まりました。私が上京して二度目の春です。去年の手帳を開いてみたのですが、3月までのページの白さと、4月からのページの黒さが見事なコントラストを成していました。その黒々としたページの中で、ひと際鮮やかな黄緑色のインクが目を引きます。岳文会新歓企画、岳文会月例山行、岳文会夏合宿、岳文会、岳文会、岳文会……。筆跡もどこか楽しげです。

岳文会。その文字を見ただけで、たまらなく楽しかった夏の記憶が頭を駆け巡ります。北アルプスで見た満点の星空は、下界とは比べ物にならないほど綺麗でした。思わず空に向かって手を伸ばしてしまったほど、星が近くに感じられました。山小屋で食べた美味しいごはんも、絨毯のように広がる雲海も、テントで語り合った夜も、きっと一生忘れられません。

私は、熱心に話し掛けてくれる素敵な先輩方と、とにかく楽しそうな写真に惹かれて岳文会に入りました。上下関係なく仲が良く、笑いの絶えないアットホームな雰囲気が、このサークルの最大の魅力だと思います。100人以上の学生が所属していますが、それぞれに興味のあるものを持っていて、個性豊かな面々が自分らしくいられる場所です。定例会で何気なく交わす会話とか、部室で何をするでもなくただ一緒にいる時間とか、メンバーとの些細な関わり合いを積み重ねるうち、いつの間にか岳文会が大好きになっていました。たまたま隣にいたから話す。気づいたら仲良くなっている。岳文会では、それが当たり前の光景です。

私の大学生活一年目の一番の成果は、自分の居場所を作ることができたことだと思っています。なにか辛いことや苦労があっても、大丈夫、何とかなると思える仲間に出会うことができました。キャンパスで偶然岳文会のメンバーとすれ違うと、心なしか授業に向かう足取りが軽くなります。今年も新しい仲間を迎えて、たくさんの時間を共有して、たくさんの言葉を交わして、そして、皆でこぼれんばかりの笑顔で写真に写りたいと思います。

59期 高橋

『がくぶんほっとらいん~ひとりで悩んでいませんか?~』


大学で、友達や先輩、恋人について、ひとりで悩んではいませんか?


「怖い先輩がいる…」
「お誘いを断ることができない…」
「彼とうまくいっていない…」


そんな時は、どうぞこちらへ相談を!
【岳文会 大学生活相談ホットライン】
岳文会に所属する女性の方を対象に、大学生活に関するご相談を24時間お受けしております。
お気軽にご相談ください。

★あなたのつらさや苦しさを受け止めます
★あなたと一緒に、どうしたら良いか考えます
★ランチに行って、相談することもできます

※相談された方のご了承なく情報を外部に知らせることはありません。
※友人、保護者、関係者からのご相談も受け付けます。

58期 横井

『岳文会1年目の夏合宿を終えて』


 気がつくと過ごしやすい季節となり、いっきに秋めいてきました。意識せずに過ごしている内に新学期の授業も始まり朝起きるのが憂鬱であり、夏休みが心の底から恋しく感じます。そこで夏休みの思い出として最も印象深いものは夏合宿であると感じています。

 夏合宿では私は笠ヶ岳班に所属して活動しました。山行自体は残念ながら天候に恵まれず、途中撤退となりましたが、様々な経験を積むことができました。自炊に不慣れなために、あわや残飯になりかかった夕飯は3年生、4年生の先輩方の必死のフォローで美味い食事となりました。また、道の多くが急勾配で足場の悪い笠新道を皆で登りきり、山頂の笠ヶ岳山荘に辿り着いた時の達成感は筆舌尽くしがたいものがあります。山行の最後で雨が止み、雲が去った後の景色は忘れがたいものでした。

 思い返せば4月の新歓行事で先輩方の雰囲気が良く、安心できると感じて岳文会に入ってから半年近く経ちました。本格的な登山は初めての経験であり、当初は不安もありましたが、先輩方が丁寧に教え、助けて下さったこともあり今では山に登ることが楽しみです。

 11月からも山行に代わるたくさんのイベントが待っていると聞いています。これからも運良く巡り会うことのできた岳文会と仲間とたくさんの経験をつんでいきたいと考えています。

60期 矢澤

『ダイヤモンド並みに固くて固い文章』(卒業文集かっ!!)


僕が筆を執る二回目のコラムになります。前回は「面白みがない」「真面目過ぎる」などといった批判を各方面から受けたように思いますが、幹事長引退コラムということで、今回も懲りなく真面目な内容でご容赦を。(笑) 僕はXにて、「今しかできないことをやれ—そして、岳文でしかできないことをやれ」、そしてつまるところ、「岳文会に来てほしい」というようなお話をしました。この一年間—、皆が大学生活の中でこのサークルを選んでくれて、心から嬉しいと同時に不安になることもありました。でも、幹部とかの括り無しに楽しめる皆の姿や弾ける笑顔を見ていて、幹部交代の瞬間にも僕はどこか安心していました。これから皆はサークルの中心の立場に置かれる、もしくは老害を極めることになりますが、それも含めて一つ思っていたことがあります。それはただ単に「みんなでやらなければサークルではない、輪は描けない」ということです。もうサークル内にお客さんだとかピエロだとかはなくて、皆が平等に主人公です。つまらないつまらないとただ口にするだけで何もしないのは良くない。「楽しくない」んじゃなくて、楽しく「する」んだよ!っていつも密かに思っています(笑)
人によっても捉え方は違うとは思いますが、僕にとって岳文会は、人と人との関係において取り繕うことのない本音で語り合える唯一のコミュニティです。還る場所です。「本音は岳文のやつに言えるからいいや」ってこれまで何度も思ってきました。誰しもが、帰るべき「家」がなければ困ると思います。そして僕には学生生活において、大学の側にも「家」があった。そういった面で、本当に居心地が良かった。なんなら本当の家になかなか帰らないくらいに。(笑)サークルはメンバーも、雰囲気も、考え方も、どんどんと移り変わっていきますが、アットホームな岳文会の強みだけは今後も続くことを強く願い、また尽力していきたいと思います。サークルに対するあらゆる想いは、やまなみや、特にOB広報にて拙いながらも語っているので、ぜひ一読してもらえたらなと思います。岳文会の皆とは、目で、態度で、そして盃で語り合える仲だと思っています。まだまだ話し足りない仲間がたっくさん、います。正確な気持ちをありのまま、そして強く文字におこせるほどの才はないので、これからは直接、生身で「会」にて語り合いましょう。山岳に興じ、文学で著し、定例会にて笑い合う。そんなサークルを恋人に据えてやってきたこの一年間を、僕は心の宝として抱き続けます。

58期 古上

『たまには恋人の話でも!!』


"I'm married to England."
「私はイングランドと結婚している。」
これは世界史のイギリスの女王エリザベス1世が言った有名な言葉です。エリザベス1世の時代は、イギリスは黄金時代と呼ばれ、とても栄えていたそうです。この人は映画になるくらい有名な人です。
これはいまから400年ほど前に使われた言葉です。

「1年間サークルを恋人に据えた」
これは岳文会の前幹事長、古上さんの有名な(?)言葉です。この人は誕生日プレゼントを何十個ももらうくらい人気な人です。
これはいまから1ヶ月ほど前にここのコラムで僕が見た言葉です。

二人とも共通点といえることがありますね。
そのことも古上さんが偉大な幹事長だったといわれる理由の1つでしょうか。
……ここに書くのは、エリザベスのこととかは今はどうでも良くて、新幹事長として僕が今サークルとどういう関係なのか、て話です。

今、サークルとは「イイ感じ」くらいの関係なんじゃないか、て思ってます。
さすがにサークルが恋人だ、と胸を張って言えるほどの関係ではありません。
友達以上恋人未満っていうやつでしょうか!一番楽しいやつ!サークルと恋人になるために、あとなにが必要なのでしょうか?
と考える最近です。

とりあえず、12月24日は岳文会と過ごします!!スキーをするんです。
バレンタインだって岳文会と過ごします。スキーをするんです。

バレンタインも過ぎた頃、幹事長として胸を張って言いたいです。
「サークルが恋人です。」
だから、その時はみんな優しい笑顔で聞いてね!!

(これからよろしくおねがいします!!)

59期 萩原

『ボン便り』


新年明けましておめでとうございます。待ちに待った2018年がいよいよ始まりましたね!皆さんは新しい年をどのような年にしていくのでしょうか。これまで通りの目標に向かって努力する人もいれば、新たな挑戦をする人もいることでしょう。もしかしたら迫り来る期末試験に怯えて何も手につかない人も中にはいるのかもしれませんね。
さて、今回のコラム、テーマは「HARIBO」です。
HARIBOはおおよそのコンビニやスーパーで見ることのできるグミで、今やその人気、知名度は皆さんが知るところではないでしょうか。しかし、この噛み応え充分なグミについて多くを知っている人は意外と少ないですよね?そこで今回のコラムでは私からハリボーの誕生についてちょっとだけ説明させてもらいます。
HARIBOが生まれた場所は、ヨーロッパの真ん中、ドイツにあります。実は私が今いる、ボンという小さな都市がその生誕地なんです。1920年、HARIBOはハンス・リーゲルというドイツ人によって作られました。ハンス・リーゲルは、子供の咀嚼力を高めることを目的として硬めのグミを考案して子供が好きなクマの形にして販売を始め、現在に至ります。
そしてこのHARIBOという名前の由来ですが、上で説明したハンス・リーゲルの2文字とボンの2文字(HAns RIegel/BOnn)を取って名付けられました。このグミは現在100を超える国々で流通しており、世界各地で子供からお年寄りまで沢山の人々に愛されています。
いかがでしたか?近年日本でも身近になりつつあるHARIBOについてちょっぴり詳しくなることができましたね。私も強靭な顎を得るために日々HARIBOを食べて鍛えたいと思います。

59期 鈴木

『なんでもない話』


どうもこんばんは。
あけましておめでとうございます。
センター試験の季節ということで、もう1年経ったのかと早いような遅いような、現代文が半分もとれなかった私には語彙力がなさすぎて、なんともこの気持ちを表現しきれません。
私が受験生の頃は日記をつけていました。久しぶりにその日記を読んだら、センターが終わってからの1月後半に、ひどい便秘で切れ痔になりまして、うつ伏せで勉強していたことを思い出しました。うつ伏せで勉強していたら、気づいたら寝ていることが多々ありましたね。懐かしい。 そんなことはどうでもよくて、私は大晦日まで5連勤、1⁄2から働いていました。2ヶ月半ほど前に人生で初めてバイトをやりはじめたのですが、バイトをはじめて2ヶ月間で35万くらい稼ぎました。はいそうです、社畜です。
私が大学よりも家よりも一番多くの時間を過ごしている場所、心のオアシスことユニクロです。
ユニクロは素晴らしい場所です。ダサいとか思わずに一歩踏み出してみませんか?
だって、ユニーク・クロージング・ウェアハウスですよ。意味はよく分かりませんが、本名めっちゃかっこよくないすか。
サイズもカラーもいっぱいありますし、質もよいですし、お財布に優しい価格が多いですし、ズボンのお直しもベルトの穴あけも無料ですし、私とお揃いができますし、来ない理由がないですよね。金曜日にチラシが切りかわることが多いので、ぜひ毎週金曜日はユニクロに行く習慣をつけてみてください。毎日が楽しくなると思います。みんなユニクロ行こうね。

あとユニクロと同じくらい楽しい場所があります、そうです岳文会です。なんだかんだ行ってしまう自分が悔しいです。ユニクロがシンプルで、同じようなものが綺麗に並んでいる場所だとすると、岳文会はその対極にあると思います。ひたすら濃くて、まとまりのない人たちが、自由に集まっている場所ですね。岳文のそういうところ、控えめに言ってもすごく好きです。では。

60期 福原

『春休み何する?』


強烈な寒波の影響で、首都圏も数年ぶりの積雪でしたね。去年は受験後に吹雪いて数時間帰れず、ストレスで寝込むこともありました。今年は暇を持て余しだらだらと寝込んでおります。

さて、雪と言えば雪国・福島にある父の実家で年末年始を過ごすのが毎年の恒例なのですが、今年はそこで叔父と就職について話す機会がありました。

最近は国内の企業であっても、日本人よりも意欲のある外国人を優先的に採用しているところが多いみたいですね。ならば早く一人前にならなければと話したところ、企業では10年間実戦を積んで初めて一人前と言われるのだと教わりました。企業において大学で学んだことを活かす機会は思いのほか少ないみたいです。また、大学生はアルバイトやサークルで企画を行ったりリーダーシップを身につけることが重要である、もちろん勉強は必要であるが、それだけで就職活動をすることはできないとも言われました。スキルアップに励まなくては…

「…だらだら寝てる場合じゃない!」

新発売のモンスターを狩るゲームをしながらそんなことを思いました。

60期 坪井

『今更ですが、体育祭の思い出』


午前8時の東伏見駅。時間通りに集まるのが苦手と言われがちな岳文会員がほとんどそろっているのは、とある罰ゲームの伝統があるせいだろうか。僕たちは、体育祭のソフトボール部門に参加するために集まっていた。体育祭とは、サークルなどの単位でチームを組み、様々なスポーツの大会に参加する大学主催のイベントだ。
僕は大会参加に乗り気ではなかった。まず、体育祭でせっかく大学が休みになるのに早起きしなければいけない。また、集まって練習することもなく、誰からもやる気が感じられなかった。山岳サークルの寄せ集めがやる気なし・練習なしで勝てるわけがない。僕は昔コールド負けばかりする弱小少年野球チームに入っていたから、試合で負けるのはもう嫌だった。貴重な睡眠時間を捨ててまで勝てない試合に参加する意味がない、と考えていた。だが、去年は一回戦突破したしチャンスはある、などと先輩に言われてとりあえず行くことになった。
会場に着くと、周りはお揃いのユニフォームに身を包み準備万端の野球サークルばかり。一方、僕たちのチームは服装もバラバラ、手ぶら同然で来た人が半分くらい。運動靴を忘れておしゃれなブーツで参戦する人までいた。また、去年の1勝は遅刻者が続出し、他チームから強そうな助っ人を何人か連れてきて掴んだものだったと聞いた。そんなチームの名前はキャプテンの名前をとって「桜庭バイオレンス」。チャンスなんてない。バイオレンスなんてもってのほかだ。強そうなチーム名を冠してぼろ負けする惨めな未来が見えて、悲しくなった。
試合は、案の定強そうな野球サークルが相手だった。ルールを理解していない人も何人かおり、エラー・ミスプレーの連続。チーム名が連想させる大暴れは全く見せず、得点は反則プレーをしてしまったどさくさに紛れてもぎ取った1点止まりだった。
試合が終わり時計に目を落とすと、びっくりした。楽しくて時間があっという間に過ぎていたのだった。ミスがあっても咎める人は誰もおらず、むしろそれが面白かった。ウォームアップのキャッチボールを通して、先輩と今まで以上に仲良くなれた気がした。そんなことを考えていると、早起きしたことも勝てなかったこともどうでもよくなった。
体育祭が「非公式企画」であるとはいえ、「岳文の企画につまらないものはない」と誰かが言っていたのは本当だった。つまらなさそうに見える企画も、受け継がれているのには何か理由があるんですね。どんな企画も、とりあえず参加してみれば素晴らしい仲間と楽しい思い出をつくることができる。それが岳文会の良さの一つなのかもしれない。

60期 山田

『卒業』


春は出会いと別れの季節というが、私は広島でのUターン就職に伴い、大きなの別れの時期を迎えている。この3月は東京にいるいろんな人とごはんにいったり飲んだりと、これまでにないほどスケジュールが埋まっており、つかの間のリア充気分を味わっている。
もちろん、今生の別れというわけではない。しかし、少しだけ感傷的なってしまうのは歳のせいだろうか。

2月に同期と卒業旅行に行った。行き先はポルトガルとモロッコ。
ポルトガルは魚介類が美味しい。ヨーロッパ的街並みが美しいのだが、イスラム支配の歴史があるからか、色遣いなど他のヨーロッパ諸国と少し違った文化の融合がみられたのが新鮮だった。
モロッコで最も楽しみにしていたのが砂漠ツアー。砂漠でターバンを巻き、らくだに乗って、満点の星空のもとテント泊をした。毛布が砂まみれで、パンもなんだかジャリジャリしたが、それもまた一興。文化の違いで驚いたのが、モロッコでずっと私たちを乗せて運転してくれたドライバーさんが、2人目の奥さんが欲しいと言っていたこと。アラブ人は一夫多妻制で奥さんは4人までもらっていいらしい。

色々な発見や刺激を受けたが、しかしやはりこの旅で一番大きかったのは仲間の存在だ。私は1人旅をすることが多かった。1人の方が自由気ままに柔軟に旅をすることができるという利点はある。しかし気心知れた仲間での旅行は最高だった。
リスボンで羽目を外しすぎて、翌日の飛行機でグロッキーになったり、長時間の移動でも自作のゲームで何時間も盛りあがったり…

このような仲間に出会えることのできた、サークルに感謝したい。思えば、全部で7学年とサークル生活を共にしており、ひと学年最低20人いると考えると約140人以上と知り合えたわけである。たとえ地理的に離れたとしても、せっかくできたこのつながりをこれからも大切にしていきたい。

岳文会へ、4年間、お世話になりました。

57期 浜本

>

早稲田大学 岳文会 Since1960