早稲田大学公認登山サークル 岳文会

コラムバックナンバー
2017年度コラム
<

『はじめまして、岳文会です』


ちらほらとほころび始めた桜の蕾を合図に、いよいよ新しい季節が始まりました。私が上京して二度目の春です。去年の手帳を開いてみたのですが、3月までのページの白さと、4月からのページの黒さが見事なコントラストを成していました。その黒々としたページの中で、ひと際鮮やかな黄緑色のインクが目を引きます。岳文会新歓企画、岳文会月例山行、岳文会夏合宿、岳文会、岳文会、岳文会……。筆跡もどこか楽しげです。

岳文会。その文字を見ただけで、たまらなく楽しかった夏の記憶が頭を駆け巡ります。北アルプスで見た満点の星空は、下界とは比べ物にならないほど綺麗でした。思わず空に向かって手を伸ばしてしまったほど、星が近くに感じられました。山小屋で食べた美味しいごはんも、絨毯のように広がる雲海も、テントで語り合った夜も、きっと一生忘れられません。

私は、熱心に話し掛けてくれる素敵な先輩方と、とにかく楽しそうな写真に惹かれて岳文会に入りました。上下関係なく仲が良く、笑いの絶えないアットホームな雰囲気が、このサークルの最大の魅力だと思います。100人以上の学生が所属していますが、それぞれに興味のあるものを持っていて、個性豊かな面々が自分らしくいられる場所です。定例会で何気なく交わす会話とか、部室で何をするでもなくただ一緒にいる時間とか、メンバーとの些細な関わり合いを積み重ねるうち、いつの間にか岳文会が大好きになっていました。たまたま隣にいたから話す。気づいたら仲良くなっている。岳文会では、それが当たり前の光景です。

私の大学生活一年目の一番の成果は、自分の居場所を作ることができたことだと思っています。なにか辛いことや苦労があっても、大丈夫、何とかなると思える仲間に出会うことができました。キャンパスで偶然岳文会のメンバーとすれ違うと、心なしか授業に向かう足取りが軽くなります。今年も新しい仲間を迎えて、たくさんの時間を共有して、たくさんの言葉を交わして、そして、皆でこぼれんばかりの笑顔で写真に写りたいと思います。

59期 高橋

『がくぶんほっとらいん~ひとりで悩んでいませんか?~』


大学で、友達や先輩、恋人について、ひとりで悩んではいませんか?


「怖い先輩がいる…」
「お誘いを断ることができない…」
「彼とうまくいっていない…」


そんな時は、どうぞこちらへ相談を!
【岳文会 大学生活相談ホットライン】
岳文会に所属する女性の方を対象に、大学生活に関するご相談を24時間お受けしております。
お気軽にご相談ください。

★あなたのつらさや苦しさを受け止めます
★あなたと一緒に、どうしたら良いか考えます
★ランチに行って、相談することもできます

※相談された方のご了承なく情報を外部に知らせることはありません。
※友人、保護者、関係者からのご相談も受け付けます。

58期 横井

『こうして岳文会と出会いました』


こんにちは! はじめまして、59期の今関といいます。 いまか、と呼ばれています(半ば呼ばせています)。
初めてのコラムなので新入生として、なぜ岳文会に入ることにしたのか、春休みにまで記憶をさかのぼって綴っていきたいと思います。

なんだか漠然と「大学に入ったら登山したいな~」と思っていた春休みの暇な私は、早稲田にある登山サークルを調べてみることにしました。
「早稲田 登山 サークル」ポチッ
そうするとたくさんヒット! うわーどうしよう、選ぶの大変そう。 まずは1番上に出てきたガクブンカイ? から見るか。
…ふむふむ、人数は多いんだなー、歴史もあるんだなー、女子もけっこういるんだなー。
もっと他の登山サークルも調べるつもりでいたのに、なんだか面倒で、岳文会の名前だけ覚えて春休みを終えました。

そしてそのまま入学式を迎えました。
ものすごい勧誘の嵐の中、登山サークルを探してウロウロするも、見つけられない。
スキーサーの人に足止めされたり、カップ麺を食べながらついてくる謎サークルに怯えたりしつつ、「このままでは登山サークルに出会えない。 岳文会ってあったよな…そこ当たろう!」とブースを探すも、見つけられない。(本キャンって意外と広いなって思いました。)
そんな中、遠くにあのポップでキュートな「岳文会」の看板を発見したのです。

それを目指して進んだのですが、これもなかなか辿りつけず…見えない何かが岳文会と私を隔てているのではないかと思いました。 一度は諦めかけて、ワ○ダーフォーゲルサークルに進路転換しようかとも思いました。 本当に。

でもここまで探し歩いたのだから、やっぱり1度は顔を出したい! と思い直し、何とか看板を持って歩いていた、高身長で眼鏡で確か赤いレインウェアを着ていた先輩に突撃します。
私「岳文会ですよね?!」 もはや執念でした。
そして無事にブースに連れていってもらい、そこでとにかく明るくて素敵な先輩と出会います。 笑顔がまぶしいなあ…楽しそうにお話するなあ…こんな先輩がいるサークルならきっと良いところに違いない…!
ブースに行くまでは入りたい度30くらいだったのですが、その先輩から色々とお話を聞いて、入りたい度が150にまでUPしました。 すごいパワー。

そして食事会に行ったりBBQに行ったりして、岳文会のチャラくはないけどワイワイとした雰囲気、先輩の優しさ面白さに惹かれ、「あぁもうここしかない!」と、すとん、と入会を決めたのです。
そして5月になって陣馬山に登り御岳山に登り、あぁ山っていいな、と純粋に思いました。 これから色んな山に、色んな人と登れると思うと、楽しみで仕方ありません。
なんてこと言いつつも、おそらく新入生で一番体力がないので、これからちゃんと運動して体力つけて、夏までに逞しくなります!

ここまで勢いで書いてしまいましたが、要は岳文会と出会えて良かった! ということです。 入学式の日に諦めなかった自分に感謝。 先輩にもっと感謝。

長文失礼しました。 読んでくださった方ありがとうございます。
これからよろしくお願いします。

59期 今関

『ディズニーグルメ』


こんにちは、夏合宿中にうつったエセ関西弁がいまだぬけない59期妹背です。
最近「〜やねんなあ」を家で多用していたら兄に「その喋り方やめて」と引き気味に苦笑されたのでそろそろ自粛しようと思います笑

ずっと楽しみにしていた夏合宿も始まったら一瞬で終わってしまい、 気づけば9月になってしまいました…
新歓BBQで初めて岳文の企画に参加してから、もう約5か月!
たくさんの大好きな同期や先輩に出会えて、居心地のいいこのサークルに入ってよかったなあ、と心から思います。さらに岳文愛が増す今日この頃です(^ ^)

さて、コラムの話をいただいたもののなかなか書くことが思い浮かばず…。
私の夏合宿の班は事前企画でディズニーランドに行ったので、ディズニー関連で何か書きたいなと思い、今回はディズニーに行ったらぜひ食べて欲しいおすすめのグルメを紹介することにしました。

個人的に一番好きなのは、ランドのシンデレラ城近くに売っている『ブレッドコーン』というスープパンです。コーン型のパンの中にミネストローネやクラムチャウダーなどのスープが入っています(^ ^)
寒い時に食べるとスープが身にしみてたまらなく美味しいんです〜!
他にはフローズンマンゴーや、シーに売っている塩アイスにいちごのソースがかかったアイスモナカなどもおすすめです。まだまだありますが…詳しい方いたらぜひ教えてください♪
山と全く関係のない話でしたが、個人企画でもディズニー企画あるようなので参考にしていただけたら嬉しいです!笑

読んでくださりありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

59期 妹背

『最後に』


幹部交代合宿お疲れ様でした。
58、59期の皆さん、素敵な場を作ってくれてありがとうございました。

57期幹事長の西川です。幹事長も終えた立場から、少し思うところがありますのでもし良ければ戯言に付き合ってください。

2年前の4月、僕は55期の幹事長に新歓してもらい岳文会に入りました。そんな幹事長に憧れ、ちょうど一年前最も新入生の身近にいられる存在になりたいと思い幹事長になりました。話したことがない人とも関わり、これまでの人生でしたことがない様々な経験をすることが出来ました。今では幹事長になったことは後悔していません。

さて、これからみんなは学年が上がるにつれ、サークルを楽しむ側から楽しませる側に移行していきます。新歓で新入生にサークルの魅力を伝えたり、企画者の立場で企画に携わったり、上級生として山行の班を盛り上げたり。もちろん大変に感じることもありますが、皆が好きになってくれた岳文会を変えないために、皆には変わってほしいと思います。そうすればきっと、これまでの楽しさとは違った「人を楽しませる」魅力を味わえるはずです。

僕は幹部交代で「岳文会はみんなでやるサークルであって欲しい」と言いました。僕は不満を言われても全く嫌じゃありませんでした。それよりも、幹事長をしていて一番悲しかったのは、俺は幹部じゃないし幹部でやればいいと言われた時です。だから、「自分は幹部じゃないから…」、「あんまり参加していないから…」という理由で不満を抱え込んだり意見するのを遠慮したりするぐらいなら不満や意見をぶつけてあげてください。君だけが気づいているサークルの問題点もあるはずだから。

岳文会は幹部だけじゃ絶対に成立しません、「みんなの力」でサークルをより良くしていってください。

真面目に書いちゃってすいません、最後ぐらいね笑

57期 西川   

『一年に一度の…』


 突然ですが、皆さんにとって「大切な日」はいつでしょうか。記念日は人それぞれでしょうが、多くの人に共通する記念日があると思います。一年に一度だけ、誰にでも必ず訪れる記念日、誕生日です。
 個人的な話になりますが、誕生日に関しては複雑な思いがあります。私は12/24に生まれたのですが、そのことを他の人が聞くと「良いなぁ、羨ましい」等の適当な答えが返ってきます。何が、「良いなぁ」なのだろうか。事実、誕生日ケーキにサンタクロースのマジパンがついてくる等、些細な喜びはありますが、ほとんど嫌なことばかりでした。まず、これはよく言われることなのですが、プレゼントをひとまとめにされる。小さい頃から誕生日・クリスマス・サンタからのプレゼントをまとめられる為、妹に欲しいものを聞いて兄弟で一緒に遊べそうなものを親にねだっていました。次に、誕生日当日に祝われない。誕生日前日に祝日があり、そこで家族全員揃う可能性が高い為、お祝いは常に誕生日の前日にしていました。最後に、友達と一緒に誕生日を祝ったことがない。仲の良い友達から何通かお祝いの連絡がくるのですが、クリスマス周辺はそれぞれの家族でお祝いをする為、一緒に誕生日会をすることはありませんでした。決して、友達がいないわけではありません。
 他にも理由はありますが、私は私の誕生日を中々好きになれないでいました。しかし、岳文会に入ってその考えは少しは変わったと思います。岳文会には会員の誕生日を全員で祝う、「誕生祭」という風習があります。御多分に漏れず、昨年私も盛大に祝ってもらいました。今年も誕生日が近づいてきましたが、いつものような陰鬱な気分はなく、「誕生日まだかなぁ」と皆から祝われるのを心待ちにする自分がいました。
 「誕生祭」は岳文会のアットホームさをよく表していると思います。良い雰囲気で、気の合う仲間と過ごす毎日はとても楽しいです。「一年に一度…」とは言わず、毎日が特別な日に感じます。このサイトとコラムを見て岳文会に少しでも興味を持ってくれたら幸いです。
 立場上、真面目な内容と勧誘の一文を添えることを心がけました。以上、岳文会副幹事長からでした!

 58期 浅野

『こんにちは!むらさきです!』


こんにちは!
59期の野村です!
定例会に(最近は山にすら)なかなか行けないので、少しずつ名前を忘れられたらどうしようなんて思っている今日この頃です笑

さて、定番の話題かもしれませんが、私がなぜこのサークルに入ったかをお話ししたいと思います。

小学生から本気で部活の活動を行う愛知に生まれた私は、そのときから音楽まっしぐら。
合唱や吹奏楽に明け暮れる毎日でした。
そんなわたしがなぜ登山サークルに入ったのか。
それは直感的に面白そうと思ったからでした。笑

もともと地元はど田舎で、学校の周りは一面田んぼ。家の近くは豚やら馬やらを飼っている人がいるほど。
浪人時代を名古屋で過ごし、東京に上京してきたわたしにとってそんな自然が恋しかったのかもしれません。

追い打ちをかけるかのように、入学式の日16号館を出てすぐに、めちゃめちゃかわいい先輩が笑顔で走って近づいて来てくれて、岳文会の勧誘を受けてしまい、完全に撃沈してしまいました…笑

そんなふわふわした感じで入会したわけですが、活動は充実していて本当に楽しいです。
先輩も優しいし、山は本当に素敵だし、友達にも恵まれているし…
あっという間に岳文会の魅力にはまってしまいます!

次こそ活動に参加するぞ!
なんて毎回心に誓い、スケジュールを開いてみると、毎回悲しいほど予定がブッキンングしてしまう野村でした‥

59期 野村  

『クリスマスソング』


初めましてこんにちは!岳文会59期西浦です。

あんまり定例会にも出席出来てないので、誰だ?って人もいるかもですが、話すことがあったら優しくしてあげてください(笑)


さて、題名から想像できると思いますが、今年もこの季節がやってきました。人によって楽しみな人もそうでない人もいるかもしれませんが、クリスマスです!(笑)

実際、僕もたいした思い入れはないんですが(笑)、せっかくなんで僕が好きな歌のことでも書いてみようと思います。


毎年のようにクリスマスをテーマにいろんなアーティストがクリスマスソングを出しますが、皆さんはクリスマスソングと聞いてまずどんな歌を思い浮かべますか???

最近だとback numberの「クリスマスソング」がヒットしましたね。他にもたくさんの名曲がありますが、僕はBUMP OF CHICKENの「Merry Christmas」という曲をおすすめしたいと思います。あまり有名ではないですが、この曲はいい曲です!ラブソングって感じの歌ではないんですが、聞き終わるとなんだか心が温かくなります(笑)。バンプの曲はどの曲も歌詞が心に深く突き刺さるんですよね~。何かを伝えようとすることの必死さが伝わってきたり、見えてるモノを見落としていることを教えてくれたり・・・


バンプ愛のあまり話がバンプの話になりそうですが(笑)、もう一曲だけバンプの歌を(笑)。

「星のアルペジオ」という曲なんですが、これはクリスマスにいい思い出がない人に是非聞いてもらいたい!You Tubeにあります!(笑)


いろいろ書きましたが、クリスマスを音楽を聴きながら過ごしてみるのもどうでしょうか。

きっと僕はさみしく「星のアルペジオ」を聞いているんだと思います(笑)

59期 西浦  

『モンブラン』


こんにちは!58期の荘です。

みなさん、モンブランは好きですか?

モンブランといえば、マロンクリームのケーキを思い浮かべる人が多いと思いますが、モンブランの名前の由来はフランス語での白い山、Mont Blancなんです。ケーキは山の形をイメージして作られていて、上の白い粉は雪を表現しているのだとか。

モンブランはフランス、イタリアの国境にある標高4810メートルほどの山で、ヨーロッパアルプス山脈の最高峰です。フランス側の麓の町、シャモニーからは世界一標高の高いロープウェイでアギーユ・デュミディという展望台まで行くことができて、間近で美しいモンブランを眺めることができます。

フランス語の授業で習ったのですが、モンブランは昔魔の山として恐れられていて、水晶取りのジャック・パルマと医者のミシェル・パッカールが1786年に登頂して以来やっと登山者でにぎわうようになったようです。

フランス留学中には一度行って見たいなと思っていて、この前テストが終わったので、麓の町シャモニーに行ってきました。パリから夜行バスで約8時間です!

シャモニーは小さくて可愛らしい町です。ちょうどクリスマスシーズンだったので、町の大通りにはイルミネーションが飾られてあり、木の小屋の屋台ではホットワインやクレープを売っていました。ホットワインはワインとシナモンやレモンなどの香辛料を合わせて温めたもので、甘くてとても飲みやすいです。シャモニーは山に囲まれていて夜中は冷え込むので、ホットワインがとても美味しく感じました。

私はスノボをしたのですが、ゲレンデがいくつもあり、どの場所も景色は最高でした。アルプスのパノラマを見ながら滑れるのはとても贅沢ですね。初心者向けコースがたくさんあったのも助かりました笑。

ちょうど宿泊した場所の前で、日本人の旦那さんとフランス人の奥さんが経営しているこじんまりとしたラーメン屋さんを見つけて、スノボの後にラーメンも食べました。予約が入っていたみたいで1時間以上も待ちました。ラーメンはやっぱりどこでも人気ですね。

山の景色を見ると、岳文会がまた恋しくなりました。

シャモニーは夏もお花が綺麗でハイキングにも人気みたいです。フランスに行く予定があれば、ぜひシャモニーに寄って見てください!おすすめです。


 58期 荘 

『呼び名』


新年明けましておめでとうございます。
そして、おはようございます。こんにちは。こんばんは。59期の坂内(ばんない)です。さかうちではありません。さかうちって呼ばれるとあからさまに嫌な顔をしますのでご注意ください。大学ではよく、よしまろと言われていますが、本名は違いますよ?もう覚えていただけましたかね?

突然ですが、先日高校の剣道部の人たちと会ってきました。その当時の馬鹿な話や練習できつかったことなど笑い話や苦労話に花を咲かせていたのですが、その会話の中でふと気づいたことがありました。それは、呼び名はいつになっても変わらないと言うことです。

さきほど書いたように、現在、大学では「よしまろ」と呼ばれていますが、高校までの人たちは下の名前か名字で呼びます。ただし、剣道部のある一人は、私のことを「バン」と呼びます。最初は車みたいで嫌だと思っていましたが(もちろん口には出していませんでしたが)呼ばれるたびに愛着がわくもので、今では「バン」はお気に入りの呼び名の一つです。さらにその名で呼ばれると、当時のことを思い出すことがあったり、今、剣道部の人たちと素晴らしい時を過ごしていることを改めて実感できます。

呼び名というものは、人それぞれに様々なものがあると思いますが、その一つ一つに顔があると感じます。それを感じられる人たちといるということは幸せだし、そう感じられること自体に喜びを感じます。

そして、それは今もそうです。「よしまろ」と呼ばれるたびに自分が今岳文会という個性的な面々がいるサークルの一員であると感じられ、うれしい気持ちになります。大学を出て、社会人になったとき、偶然でも、何かで集まったときでも、このサークルの人たちやそれ以外の人でもいいですが「よしまろ」と呼ばれたときに、このサークルの楽しかったことやうれしかったこと、サークルの人たちの顔を思い出せるような呼び名であってほしいと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

    

   59期 坂内

>
<

『登りたい、という気持ち』


こんにちは。59期の深井です。
このコラムを書いている現在、2月も終盤へと差し掛かり、4月までもう少しとなっています。岳文会でも新歓期間に向けた準備が着々と進められています。

  山登りのサークルは入る時が一番勇気がいると思います。自分に登ることができるのかと考えてためらってしまう人もいるのではないでしょうか。特に女の子にこの悩みが多いのではないかと思います。結論から言うと、どこか怪我しているということがなければ、日本にある程度の山なら、どこの山でも登りきれます。

私は女子高出身なのですが、高校時代も山岳部部員として山に登っていました。そこでの活動はとても岳文会のものに似ています。月一で山に登り、夏休みに日本アルプスを目指す。平日の練習は週に一回のマラソンくらいでした。それの参加者も少なかったのですが。そこでの暗黙の了解という感じの取り決めの中に、重い荷物は一年生が持つというものがありました。
つまり、山を始めて四ヶ月程度の高校一年生の女の子が、重いテントを持って、日本アルプスに登っていたのです。それでも最後まで登れなかった人はいませんでした。やっぱり「登りたい」という気持ちこそが登るために必要な一番の原動力になるのかもしれません。「辛くない」と言ったら嘘になりますが、それ以上に、「登れない」と言うのは嘘になります。「まだ早い」なんてことは絶対にありません。

しかも岳文会は私の高校と違い、後輩の荷物を一番重くする伝統はないです。頼りになる先輩方が一年生をしっかりサポートしてくれます。私も去年の夏合宿中、先輩にとっても助けてもらいました。だからこそ、登りたいと思っている山にその人が登れるよう、私も微力ながらお手伝いさせていただこうと思います。

なので、山に少しでも興味がある方、ぜひ岳文会にいらしてください。そして山に興味がないという方も、このホームページにたどり着いたのも何かの縁ということで、ぜひ。
4月に皆さんに会えることを心より楽しみにしております。

59期 深井

 

『春、ソフトクリーム、肉体改造』


暖かくなるにつれ別れは近づく。だから卒業旅行でノルウェーにいた頃はきっと、暖かさを猶予してもらっていたんだろう。3月も半ばを過ぎた日本の気温が身体に染みる。

「もう4月から社会人だ」「社会人たる意識を持て」。色んな人にうんざりするほど言われるが、そんなこといくら言われても、「習慣」や「行動」を変えないと、社会人の意識なんて、持てない。

だから俺は春にそなえて、『肉体改造』しようと思っている。

俺の家に、岳文会の写真をこれでもかと貼りまくったコルクボードがある。1年の頃から4年の終わりまでの、いろんな写真が貼ってある。毎日眺めるのが習慣だった。でも、新居では飾らないことにした。Tシャツとか手ぬぐいとか、色んなものも貰った。それは新居まで持っていくけど、しまっておいて、あんまり見ないようにするだろう。

俺は、岳文につくづく染まっていた。変な口癖はうつる。すぐ群れる。ソフトクリームの看板を見れば意識より先に口が「ジャンケンしようぜい」と叫ぶ。何となくの習慣から、ある意味で思想まで似てくる岳文会は、ひとつの強い集団で、俺は喜んで属していた。
だけど、染まらない人もいた。自分のことに没頭する人。他の集団でも活躍する人。そして、ついていけない人、嫌気がさしている人、離れようかと思っている人もいた。いつの時代にもそういう人達がいて、岳文会の集団性を、良い意味でぶっ壊してきた。そういう人たちを尊重し守る岳文会が、俺は好きだった。
俺も「そっち側」にならねばならない。

もう春も近い。肉体改造が、必要だ。
手始めに、

この腹の肉をなんとかしたい。近頃、みんなに会うたびに「お前、腹の肉やべえな」と笑われる。くそイラついて仕方がねえ。きれいさっぱり消してやるから、せいぜい楽しみに待っていやがれ。

56期 河村

 
>

早稲田大学 岳文会 Since1960